おすすめできる紙袋の使い方とは

手軽で便利に使える紙袋には、たくさんの使い方があります。一人一人の要望に合わせ、どのように使っても良いものですが、長い歴史、経験から選択されてきた作り方、サイズ感、質感から究極の形になりつつあるものの一つです。買い物をすると、紙製の袋に入れてくれるお店も多く、汚れていなければ一度使ったものでも取っておくと便利ですが、それとは別に自分の気に入ったデザインを探し、常備しておくと大変便利に活用できます。100円ショップや文房具店など、ラッピング用品を販売しているお店で扱われていることが多く、デザインも豊富、使い方も自由です。新しいのでシールをはがした跡を気にする必要もありません。こちらではおすすめの紙袋の使い方をいくつかご紹介いたします。

持ち手のないスタイル、小分け袋のアイデア

言わずと知れた紙製品です。それも丈夫でシンプルな紙を用いていることが多く、クラフト紙にカラープリントデザインされていたり、ドットやストライプなど、ステキな柄の紙で作ってあることもあります。紙は油を吸収しますので、揚げ物を小分けにすると楽しくエコに、ヘルシーにラッピングすることができますし、食べる時も便利で面白い演出ができます。手作りチュロスやドーナッツを作ったら、クラフト紙製の小分け袋にポンポン入れて行きます。グラニュー糖などをまぶすときは中へ直接振り入れて袋の口を折って閉じ、しっかり持ってシャカシャカ振ると、簡単に砂糖をまぶしつけることができます。プレゼント用に使っても良いのですが、おうちで食べる時にもおすすめです。食べる時は袋を破って広げると、砂糖がこぼれる心配もありません。

丈夫で立派な手提げ袋のアイデア

このスタイルの紙袋は、しっかりした厚手の紙で作られている上にデザインも凝っていることが多く、お店からもらっても捨てられず、押し入れにたくさん余っている方も多い様です。それも使えますが、新たに自分好みのデザイン、大きさのものを買って来て使うのもおすすめです。整理整頓に使う方法です。タンスの中やベッドの下など、収納スペースに区切り箱として使います。紙製なので高さを収納スペースに合わせ、持ち手部分ごと中に折り込むことができるのがメリットです。この時、同じデザインや大きさのもので揃えられれば、見た目にもスッキリします。余っているショッピングバッグではなかなか見た目が揃わないなら、お店で好みのものを購入すれば良いでしょう。とっても丈夫で扱いやすく、下着や靴下などの小物の整理に適しています。汚れたら取り替えるのも苦ではありません。

ビニール袋やポリ袋のメーカーです。丁寧に提案型見積をいたします。 フリーダイヤルにて、親切丁寧に電話対応をいたします。ご不明な点はお気軽にお電話ください。 工場価格で安心安価な提案型のお見積りをします。 紙箱や段ボールを通販で販売しております。 オリジナルの紙袋などが比較的安い値段で作れ、ロット数も少なめから対応しているので、利用しやすいです。 自分が求めるオリジナルの紙袋を作っちゃおう