紙袋を使って簡単にできるラッピングとは

誰かにプレゼントをしたいときに、自分でさっとラッピングできたらいいなと思うことはありませんか?店で買ったものならばその場でラッピングをしてもらうことができますが、家にあるものを人にあげたり、自分で作ったものだったりと人にラッピングをしてもらうことができないものもあります。かといって、自分で包むのも慣れていないと見栄えが悪くなってしまいます。しかし、全く包まないでそのまま渡すというのも気が引けます。そんな時には、紙袋を使うことをおすすめします。袋に入れるのならば、包む方法を知っていたり慣れていなくても一人で簡単にラッピングをすることができますので、やり方さえ知っていれば誰でも行うことができます。では、どんなラッピング法があるのでしょうか。

紙袋に入れるだけでもかわいくなる

紙袋を使うといっても、家にある買い物をしたときに入れてもらったようなものをそのまま使っては相手に失礼になってしまいますし、見栄えも悪く、相手にあまりいい印象を与えません。そこで、高いものでなくてもいいので100均に見に行ってみましょう。何かイベントの時などに見たことがある方もいるかもしれませんが、100均には様々なデザインのものが置いてあります。中にはシールやリボンなどの付属品がついていて、プレゼントしたいものを中に入れて説明に書いてあるとおりにするだけで簡単に可愛くラッピングできてしまうものもあります。そういったぴったりのものが見つかれば、あとは淹れるだけで簡単にすんでしまいます。どんなものがあるのかわからないと悩んでいるときは一度見に行ってみましょう。

家にあるものを再利用することもできる

もちろん、100均のものを使う以外にも方法はあります。買い物で入れてもらった袋をそのまま使うことははやめた方がいいと先ほど言いましたが、リサイクルすることもできます。元の袋にロゴなどが入っているときはやめた方がいいですが、可愛いものや使えそうだと思うものを取っておき、不要なところを切り取ったりしてデザインを少し変えて使うのがおすすめです。ここでも、100均で買ってきたリボンやシールなどを組み合わせることによって元の袋がわからないくらいに可愛くすることもできます。プレゼントをするときには自分でラッピングしようとするのは無理ではないかと思いがちですが、工夫によっては店でラッピングしてもらうよりももっと素敵な状態にすることも出来ます。チャレンジしてみてはいかがでしょうか。